2008年08月31日

絵本とロゴ

ロゴ.jpg
とり合えず、切れ切れながら、チャプターが出来てきました。
実験中のシーンもまずは成功。
ソフトやハードに、意図した効果があればいいのだけど、
無い場合、人力で枚数描いたり重ねたりして
エフェクト効果を狙う事を、
私たちは根性エフェクトと呼んでいるのですが、
結構時間を費やしたので、うまく行ってくれて本当によかった。

平行して、タイトルの出方など少し。
コチラは本編とは独立してるので、比較的作りやすく、
短い時間で色々いじれるので楽しい作業です。

------------------------
今回のロゴができました。
タイトル通りここはオルゴールかなということで。
折角なのでスタンプも作る事に。
ちょっとだけど、、、多分4〜5個

音符のついた手回しオルゴールが
1個真ん中に入ってる四角いはんこです。
出来たスタンプはギャラリーで並べますが
欲しい人がいたらs*Labで通販もしたいと思います。
この記事のコメントに何か書いてあったら、
制作個数の参考にしまーす

価格¥1200/1個
30x30mm
posted by miki at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像作品について

2008年08月29日

オルゴール

080827.jpg

先日私のほうにもオルゴール到着しました〜。
こちらは、箱に入ってる状態のもの。

録音の時、
箱を開ける可能性もあるけれど、
結構音が大きいのにはびっくりでした。

そして、
紙の楽譜で
オルゴールまわしたの
初めてかも。

すごく素敵な音色にうっとりです黒ハートるんるん

全体的に。

ライブリハーサルの事なんかをギャラリーとお話。
上映テストもしないと心配ですね。

その肝心の映像ですが、
テキストを出して、音をならして、絵を動かして、
なんとなく形になってきました。
でも、まだまだ、タイミング取れていないので、
あとは時間があるかぎりという感じですね。

OPシーンのタイトル出しのアイデアを出しつつ、
シンボルマークあったほうが画面的に締まるかなということで
急遽アイデアだし。
見栄きりの部分を作って、それに至る動きを探っていきます。

展示部門の方のオルガニータオブジェクトについての
内容を大津さんと再確認。額を今日選んできました。
明日届く予定。そしたらオブジェクトもあとは作っていくだけですね。

ライブのグッズというか、雑貨を
どんなものにするのかはもう決めてあるけど、
どんな素材で作るかはまだ決めてない。
良い素材に出会えますように。
posted by miki at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像作品について

2008年08月26日

オルゴールデモ

残りのパートの音デモを
サオリさんに送る。

あまり説明しちゃうと
ネタバレになってしまうけれど、
ここは、実際にオルゴールで奏でるところ。

デモはシンセサイザーでつくっているため、
実際にオルゴールで同じように鳴るかどうかは
わからない・・・^-^;。

鳴らない音をつくってしまわないよう
注意、なのです。。

同じ音を連打したい時、
次の音がくるまでに
紙の上では7ミリ以上の間隔を開けないと
音が鳴らないんだって。

せっかくつくったのに、
重要な音が素通りされちゃったら
悲しいものね(笑)。

でも、大丈夫。
そのあたりのシュミレーションが
「音のキャンバス」というソフトウェアで
できる(らしい)のです。

0808019
こちら、最初のほうにいただいた絵コンテです。
この後にも、
ちょこちょこ修正したり、などありますが。
全体の流れを把握するのには
このようなものがあるととても助かります。
posted by miki at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像作品について

メカ

2008_08260005.JPG
オルガニータメカが届きました。

メカメカしてますねー
この発条や銀色の針金、でこぼこのプラスチックと木の箱が
あんなに可愛らしい音を奏でるのかと思うと不思議ですね。

さて、動画の方は第一回プチ修羅場を迎えております。
原画のPC加工作業に移りつつ、
平行してテキストの表示の仕方をきめる
サンプル動画作りです。

テキストが読める速度で映像のテンポを作る。
不確かな中、唯一明確なポイントなので、
これを足がかりに世界を作っていきます。

これが出来上がったら、文字や絵やエフェクトや音楽、
バラバラだったピースがひとつところに揃って、
どういう風に形作ればいいのかもっと見えてくるでしょう。

大津さんも日記で書かれてますけど、
何も見えない霧の中を目を凝らしながら手探りで進んでいます。

けれど、全てを暫定でつくれるっていうのは、
とっても有難いことです。
何もかもが不確かで、寄る辺のない事の数々
一緒にゴールを探してくれようとする人達
ありがたいですね。
posted by miki at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像作品について

2008年08月25日

オルゴール

オルゴール本体と
楽譜制作のためのソフトウェアなどを注文。

楽しみだなぁo(*^-^*)o。

今回、DVDや販売用のオルゴールに使用する
オルゴールの弁の数は20弁(鍵盤でいうところの
白鍵のみ)
なんだけど、
33弁のものにもトライしてみようかと思ってます!

お休み

休みはね大事なんです。人間やすまないと頭が働かなくなって効率もおちますし、、、
だから大津さんにもなるべく無理はしないで行きましょうねといつも言いますし、TUGUMIちゃんにも休みの日は休んでね。といいます。

絵本のCG加工をなんとか明け方までやって、月曜日からまた色々できるようにネゴしてデータを送って、気が付くと昼前でした。
アカンやん。
今日はソラネコと星の路地裏の撤収日です。
1時間だけ仮眠をとって、今日は銀色オルゴォルは忘れて楽しく最終日を終えてきました。流石に今日はもう営業終了します。頭動かないし。
posted by miki at 03:10| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

音楽デモ2セクション

DVD作品、
シーンを大きく3つに分けたうちの
最初2つの音デモをサオリさんへ送る。

微調整はあとでするとして
映像とのタイミングが合うかどうかを
検討していただこう。

映像だけではなく
テキストも入る、となると
ちょっと(音とのバランスが)難しいなと思う。
人によって、文字を読む速さなども違うし
いろいろな加減が難しいなー。

フィルム「絵本」だから
文字は必要なんだけど・・・。

でも、
体内リズムっていうのかな、

私、割と正確みたいで、
時間の配分は
何度か即興で演奏したものでも
ほぼ合ってました。

前回、
初めて映像作品をサオリさんとつくった時にも感じたことは、
体の奥、低い部分に流れている
時間の流れ、呼吸、そういう部分は
わりと(かなり?)、
サオリさんと私は近いのではと思ったのでした。

「うきゃーーーっ!まさにここの音と絵がぴったりだぁー♪」
って思うことが多かったから。
(それは、もちろん無理に音に絵を合わせてもらった、というわけではなく^^。)

だって、絵も音も手探りな状態で、
見えない一つの世界に向かって
進んでいかなくてはならないんですもの・・・。

たしかに、感覚的にあまりかけ離れすぎていたら
形にはならないかもぉ(笑)。

な、わけで、
早く動画になった形で今回の作品も観てみたいですー^^。
posted by miki at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像作品について

2008年08月24日

絵コンテ

原画がとりあえず全てアップ。一部実験中のもあるけれど、
それで、背景のテクスチャというか、ファンデーションのところを打ち合わせ。
この絵本はテキストを出すから、スライドなんかで
背景が暗い色から明るい色に変わったりすると
文字が見えなくなってしまいます。

なので、あるていど動きを考えながら背景色(文字が乗る部分)を決めまーす。

まだ色々悩んでるけど、本番絵でコンテを組みました。
それで、文字数が多そうなところや、
シーン的に間が悪そうなところを1個1個チェックですー
posted by miki at 02:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像作品について

2008年08月22日

紙の楽譜

そうです、
今回のオルゴールは
紙の楽譜を使うんですよ。

紙は「しらおい」という上質紙がいい、との
情報を得ました。

漢字で、「白老」 らしいです。

音の共鳴についても考えなくては・・・。
録音はうまくいくんだろうか。。。

・・・と、
果てしなく不安要素が浮かんできてしまうので、
とりあえず、
楽譜が完成してから考えようっと・・・>_<。

音楽デモ

クリックだしながらの演奏はあまり慣れていないし、
今回の作品においては
何より空気感や呼吸を大切にしたい、と思うので、
おおよその小節割りをした後は、
絵をみながら、
ナレーション部分を頭の中で読みながら
録音ボタンを押した後は、
自由に演奏しつつ録音。

なので、秒数がある程度合うまでは
何度もくりかえすことに。

オルゴール登場シーンの部分、
あらたにその手前の風景イメージイラストをいただいたおかげか、
そこから猫が登場し、
オルゴールの音が響くのかぁ。。。なんて
想像して
ぽろぽろ弾いていたら
いい感じにテーマのフレーズができてしまった。

もちろん、オルゴールの本体をいかした
曲づくりについても
ある程度調べておいたんだけどね★

同時発音数を少なくしたり、
伴奏部分はアルペジオ(分散和音)にするなどね。

オルゴールをシュミレーションした音楽については
どうしても打ち込みは避けたいもの・・・。

だって、
手でオルゴールの取っ手の部分をぐるぐるまわすんだもの。
そのリズムの揺れを
再現するなんて恐らく私にはできないし、
そのぐるぐるまわしている音も
結構好きだし。。。

でもー、
長い曲になってしまったら
パンチで穴を開けるのに果てしなく時間がかかってしまいそうだし。。。

おろおろ・・・>_<。
posted by miki at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像作品について

環境など

動画のテストに入りました。
一シーンだけ切り取って、環境テストです。
動画マンのTUGUMIちゃんのPCと私のPCの環境を同じにして
互換性を持たせます。
前の制作の時は、最後のオーサリング関係でコレで泣いたので、
回避回避ですね。

テストは巧くいったので、いよいよ内容に入る作業。
一番楽しい部分ですね。作品作りですねーーー。

とりあえず、絵のファンデーションと
フォントについてちょこっと打ち合わせ。
今回は背景の色の関係で、
前回のフォントだと読み辛いかもしれないかも
っていう心配があるので、今のうちに保険かけときます。

今日はシーン8,9,10の原画をアップ。
原画はあと数カットで終了です。
がんばろー
posted by miki at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像作品について

オルゴールムーブメント

オルゴールのムーブメントについて相談すべく、メカ製作所へ電話。
オルガニートも含めて、普通の小さな手回しメカなど、
色々相談にのっていただきながら、選びました。

これら素体がどんなオブジェになるのか、、、
楽しみですね。

兎に角、数いっぱい、頑張ろー

2008年08月20日

オルガニートなど

フィルム絵本のシーンオブジェを作ります。
シーンに使われている曲をオルガニートにして
オブジェクトに添えるかんじです。

大津さんに作っていただく音数を決めるべく、
オルガニートのメカを制作してるところへ
色々と問い合わせしました。

オルゴールは、ムーブメントと呼ばれるメカ部分と
共鳴箱と呼ばれる外側の箱で音質がほぼ決まるようです。
素のメカをむき出しのまま、いろんなところに置くとそれが
よくわかります。

尖った音、エコーな音、柔らかな音、
マットな音、囁きかける様な音、

同じメカなのに全然ちがいます。
ゼンマイや回転メカや弁が見えてる状態もとても面白く、
全てを覆うのはためらわれるのですが、
さて、どうしましょうね。

テキストなど

大津さんから暫定秒数が届いたので、早速検討。
どんな曲がこれらのシーンに添えられるのか
楽しみでわくわくしてきました。

用意した材料で、今日はシーンの実験。
絵の出し方のパターン分の仮の絵を作ります。
暫定秒数を検討するために、まずはテキストの表示テスト。

紙の絵本と違って、読む速度をある程度
強制させてしまうのでここはとても気を使います。
視認できないほどの速さだと困るし、
イラっとするほどもたついても困る。
そして、全体のテンポなどを検討しました。

お話をテキストデータに打って、お渡し。
よろしくおねがいしまーす。
posted by miki at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像作品について

動かし方と音の鳴り方

午前中にTUGUMIちゃんと絵本の動かし方の相談。
大体の動きはお互いに見えてるけど、
悩んでいたシーンについての手数が足りない。
3つのうち2つは話してる間に巧くいきそうな感じがしてきた、
1つは、動きの実験をしてみる事にする。
問題は前後のつながりと場面にいれる感情。
動かすにあたり、ついエフェクト的な
ドラマチックさを求めてしまうけど、
絵本らしさは持ちたいから、「何をしないか」を決めていく。

でも、今回は1箇所だけ、面白くしたい部分があるので、
そこに時間を使おうとお互い確認しあった。

今夜のうちに材料をそろえて、明日は実験をしようー

***
夜、大津さんとお電話でお話。
絵本のシーンとタイムラインの事について相談。
映像が先か、音が先か、、、それはとってもデリケートな事で、
絵としては音があれば、音のタイミングに合わせて、
文字を出したり、場面をフェードさせたりしやすいけど、
それだって、シーンの長さにあっていなければ始まらないので、
文字の量や、絵のタメなどをひとつひとつ大津さんに
お伝えしながらイメージを固めて頂く。

それから、ライブの舞台つくりとかリハーサルについてとか、
照明の事なんかを確認、不安要素は早めに出しておかないとデスね。
プロジェクターの使用実験を今週中にするのと、
今回のメインオブジェクト「オルゴール」についての確認。
大津さんオススメの品を教えてもらったので、検討してみよー

そんなこんなで明日もがんばろー
posted by miki at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像作品について

2008年08月19日

調律

オルゴールの調律について考えてました。

欲が出るときりがない・・・。

いろいろな曲に対応できるよう
とりあえず、無難な調のを。。。

あー、
白鍵だけ使った曲づくりです。
おもしろいけど。

夜は
もろもろサオリさんと打ち合わせ。

前回も思ったけど、映像と音楽
遠く離れた場所での同時進行は
ほんとに時間との勝負だ(笑)。

極力、無駄な時間をなくしたい。

絵コンテを見ながら
おおよその時間をはかりつつ
音楽デモを作成。

うほーい

サオリさんより
カラーの絵コンテ(半分)が届く。

以前にいただいた全体の流れを記したもの(モノクロ版)も
前からぼーーーっと眺めていたんだけど、
カラーでいただくと
よりイメージが鮮明に浮かびますね。

とにかく素晴らしい色彩アート
posted by miki at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像作品について

シーン半分

フィルム絵本のシーン1と3と4、5、6の原画アップ。
3は完成してからバランスとるつもり。

作曲の手がかりにして頂くために、
文章と絵をセットにしたイメージラフを大津さんに送る。

絵と音楽の具合で、一部シーンを分けるかどうか
悩んでる部分がある、、、あしたTUGUMIちゃんと相談かな。

よーし 続き頑張ろう!
posted by miki at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像作品について

2008年08月02日

アレコレソレ

オルガニートについて大津さんと刷り合わせ。
といっても、私の方は音楽については大津さんの仕事を完全に信用しきっているので、他のアレコレソレとのバランスから抑えて頂きたいポイントをお伝えするのみです。

今日DMを配りに行ってきましたら、置いて頂いたDuce mix shopのスタッフさんが昨日偶然ARTHOUSEに行かれたそうで、個展の事ライブの事、色々とARTHOUSEのオーナーさんとも話したそうです。
頑張って下さいって応援してはりましたよ(^-^)

良いイベントにしましょうね。
posted by miki at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | その他