2008年09月03日

オルゴールの楽譜1号完成。

オルゴールの楽譜のほう(こちらは販売用じゃなくて
DVD作品に使う録音用)
マックのほうでmidiファイルをつくっておいて
それをWindows専用ソフト(音のキャンバス)で読み込んで
出ない音が無いかをチェックしたりして、
背景画像もサンプルの中から選んで
いよいよ印刷。

なのに、
どうもマシンが不安定なのですよぉ;_;。
(慣れてますが・・・。)

何度か再起動を繰り返し、
やっと印刷できたっ

って思ったら、
背景画像のイラストだけが
だらーんと・・・。

穴を開けるマークが印刷されてない;△;。

印刷設定を間違えたらしい・・・。

で、もう一度><。

途中、(また)マシンのエラーで
頭1小節分しか出て来なかった・・・。

でも、、、いいの、いいの><。
とりあえずテンポを確かめるだけだから。

で、1小節分パンチで穴を開ける。
紙が厚手のせいか、すっっっごい固い。
手がイタイ・・・;_;。

でも、、、いいの、いいの。
どきどきしながらオルゴールに入れてっと。

しゃかしゃかまわす。

「タ  ラ  ラ  ラ  ラン  ラン・・・♪」

テンポ
遅すぎだったぁー(一人大爆笑)。

で、ソフトのほうで
小節の幅を短くして(するとテンポが早くなるの)、
再度印刷。

本当はもう少し早くしたかったんだけど、
そうすると、再生できない音が結構できてしまうの。
だから、しゃかしゃか思い切り廻していただくほか
なかったりして(笑)。

印刷は無事できたんだけど、
十字マークの数を思わず数えた。
この1曲だけで300以上あった・・・。

たぶん、一人じゃ無理だわぁ・・・;_;。

その前に、
もう少し薄手の紙でもいくつか試してみようと思う。

オルゴールとパンチを持って、
紙屋さんへ行ってきます(・▽・)♪。

揃ってきました

昨夜から、取り掛かっていた動画の仕様がやっと出来上がりました。
実際に動画つくりに入るまでにも、色々と準備をするのですが、
始まってからも、下ごしらえが続いて、ようやく姿形が見えてきました。
単純に繋いだり、絵を出して音を当てた段階から、
動かし方や、場面切り替えの方法、
テキストと音のタイミングなど、
実際に見る人が目にする部分に入ってきて、
やっと、、、作品作りをしてるんだなぁっていうのを感じています。
動かしてみると意外とダメだったり、OKだったり、
絵もOKだったり、没にしたり、、、
それでも、進んでるっていう事は幸せですね。

今回は、少しだけアニメーション的な部分も入れてみようという事で
頑張ってひとつのエフェクトを作りました。
なんてことも無い演出なのですが、
私たちの浪漫と根性が詰まっています。
コレを載せる時がきたら、いよいよ大詰めですね。

それはまだまだもう少し先。
動きを磨いていく作業にはいります。

オルゴールにシーンは、大津さんの曲のおかげで
とっても素敵に仕上がってきましたよ。
posted by miki at 06:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像作品について