2008年08月20日

動かし方と音の鳴り方

午前中にTUGUMIちゃんと絵本の動かし方の相談。
大体の動きはお互いに見えてるけど、
悩んでいたシーンについての手数が足りない。
3つのうち2つは話してる間に巧くいきそうな感じがしてきた、
1つは、動きの実験をしてみる事にする。
問題は前後のつながりと場面にいれる感情。
動かすにあたり、ついエフェクト的な
ドラマチックさを求めてしまうけど、
絵本らしさは持ちたいから、「何をしないか」を決めていく。

でも、今回は1箇所だけ、面白くしたい部分があるので、
そこに時間を使おうとお互い確認しあった。

今夜のうちに材料をそろえて、明日は実験をしようー

***
夜、大津さんとお電話でお話。
絵本のシーンとタイムラインの事について相談。
映像が先か、音が先か、、、それはとってもデリケートな事で、
絵としては音があれば、音のタイミングに合わせて、
文字を出したり、場面をフェードさせたりしやすいけど、
それだって、シーンの長さにあっていなければ始まらないので、
文字の量や、絵のタメなどをひとつひとつ大津さんに
お伝えしながらイメージを固めて頂く。

それから、ライブの舞台つくりとかリハーサルについてとか、
照明の事なんかを確認、不安要素は早めに出しておかないとデスね。
プロジェクターの使用実験を今週中にするのと、
今回のメインオブジェクト「オルゴール」についての確認。
大津さんオススメの品を教えてもらったので、検討してみよー

そんなこんなで明日もがんばろー
posted by miki at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像作品について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56535050

この記事へのトラックバック