2008年08月20日

オルガニートなど

フィルム絵本のシーンオブジェを作ります。
シーンに使われている曲をオルガニートにして
オブジェクトに添えるかんじです。

大津さんに作っていただく音数を決めるべく、
オルガニートのメカを制作してるところへ
色々と問い合わせしました。

オルゴールは、ムーブメントと呼ばれるメカ部分と
共鳴箱と呼ばれる外側の箱で音質がほぼ決まるようです。
素のメカをむき出しのまま、いろんなところに置くとそれが
よくわかります。

尖った音、エコーな音、柔らかな音、
マットな音、囁きかける様な音、

同じメカなのに全然ちがいます。
ゼンマイや回転メカや弁が見えてる状態もとても面白く、
全てを覆うのはためらわれるのですが、
さて、どうしましょうね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56535052

この記事へのトラックバック