2008年08月25日

音楽デモ2セクション

DVD作品、
シーンを大きく3つに分けたうちの
最初2つの音デモをサオリさんへ送る。

微調整はあとでするとして
映像とのタイミングが合うかどうかを
検討していただこう。

映像だけではなく
テキストも入る、となると
ちょっと(音とのバランスが)難しいなと思う。
人によって、文字を読む速さなども違うし
いろいろな加減が難しいなー。

フィルム「絵本」だから
文字は必要なんだけど・・・。

でも、
体内リズムっていうのかな、

私、割と正確みたいで、
時間の配分は
何度か即興で演奏したものでも
ほぼ合ってました。

前回、
初めて映像作品をサオリさんとつくった時にも感じたことは、
体の奥、低い部分に流れている
時間の流れ、呼吸、そういう部分は
わりと(かなり?)、
サオリさんと私は近いのではと思ったのでした。

「うきゃーーーっ!まさにここの音と絵がぴったりだぁー♪」
って思うことが多かったから。
(それは、もちろん無理に音に絵を合わせてもらった、というわけではなく^^。)

だって、絵も音も手探りな状態で、
見えない一つの世界に向かって
進んでいかなくてはならないんですもの・・・。

たしかに、感覚的にあまりかけ離れすぎていたら
形にはならないかもぉ(笑)。

な、わけで、
早く動画になった形で今回の作品も観てみたいですー^^。
posted by miki at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像作品について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56535058

この記事へのトラックバック